[NEWS]第4回阿賀北ロマン賞授賞式、まちの駅よろず「新発田学研究センター」開所5周年記念講演会を開催します。

第4回「阿賀北ロマン賞」授賞式および、まちの駅よろず「新発田学研究センター」の開所5周年を記念した講演会を同時開催いたします。今回は、作家のデビット・ゾペティ氏をお招きし、「地域性と文学的想像力の喚起」というタイトルで講演していただきます。受講無料です。奮ってご応募下さい。

日時
2012年3月3日 土曜日 13時30分から17時00分(13時00分 受付開始)

総合テーマ「地域、文学そして想像力」

第一部 講演 「地域性と文学的想像力の喚起」 13時30分から14時30分
デビット・ゾペティ氏(作家)
<プロフィール>
 1962年スイス・ジュネーブ生まれ。1990年に同志社大学(文学部国文学専攻)を卒業。1991年に日本のテレビ局で初の外国人正社員としてテレビ朝日に入社。報道番組「ニュースステーション」で多数の特集を手がける。1997年、同局で初の男性育児休暇取得者となる。1998年、執筆に専念するためにテレビ朝日を円満退社する。主な著書に『いちげんさん』(1997年、すばる文学賞受賞、芥川賞候補)、『アレグリア』(2000年、三島由紀夫賞候補)、『旅日記』(2002年、日本エッセイスト・クラブ賞受賞)、『命の風』『旅の発見』『こころを言葉に』などがある。

第二部 対談 14時45分から16時15分
デビット・ゾペティ氏、加藤宗哉氏(作家・「三田文学」編集長)他

第三部 第4回「阿賀北ロマン賞」授賞式  16時20分から17時00分

司会:神田 より子(新発田学研究センター長)

主催:敬和学園大学
共催:新発田市、聖籠町、新発田商工会議所
後援:新潟県新発田地域振興局

添付資料


添付画像