[NEWS]第4回阿賀北ロマン賞授賞式、まちの駅よろず「新発田学研究センター」開所5周年記念講演会を開催しました。

 3月3日土曜日に 、新発田市地域交流センターにおいて、市民の皆様と阿賀北ロマン賞受賞者をお迎えして、第4回「阿賀北ロマン賞」授賞式と、「地域、文学そして想像力」を総合テーマに、まちの駅よろず「新発田学研究センター」開所5周年記念講演会を開催いたしました。
 第1部の講演会は、「いちげんさん」ですばる文学賞を受賞した作家のデビット・ゾペティ氏を講師にお迎えし、自身のこれまでの体験談を交えながら、「地域性と文学的想像力の喚起」をテーマに、地域に根ざした文学について大変ユニークなお話をいただきました。
 第2部ではゾペティ氏に加えて、作家で「三田文学」編集長・阿賀北ロマン賞特別審査員長の加藤宗哉氏、ドイツ語研究者の小黒晴美氏をお迎えし、鼎談にてゾペティ氏の作品を深く探っていき、大変興味深いお話をしていただきました。
 第3部では全国から96編のご応募をいただいた文藝賞「阿賀北ロマン賞」の第4回授賞式が行われました。4回目の実施となった今回も、地元の多くの団体様や企業様からご後援・ご協賛をいただき、この授賞式の日を迎えることが出来ました。
 産官学共同で、「文学」でのまちおこしをすすめてきた「阿賀北ロマン賞」は、2012年度も6~7月頃作品募集を開始する予定です。多くの皆様のご応募をお待ちしております。

添付画像

第1部 講演会 デビット・ゾペティ氏
第2部 鼎談 加藤宗哉氏(左)、デビット・ゾペティ氏(中央)、小黒晴美氏(右)
第3部 第4回阿賀北ロマン賞授賞式
第4回阿賀北ロマン賞受賞者、関係者