まちの駅よろず

第一回「阿賀北ロマン賞」授賞式、まちの駅よろず「新発田学研究センター」開所二周年 記念講演会・シンポジウムのご案内

2009/2/9

 敬和学園大学では新発田商工会議所とともに、新潟県及び新発田市よりご支援いただき、まちの駅よろず「新発田学研究センター」を 2006年11月に開所して、2年が経過しました。また敬和学園大学では 新潟県新発田地域振興局との共催で 2008年度開始の新規企画として 阿賀北地域の地域振興 文学による人材発掘などを主目的として、文藝賞「阿賀北ロマン賞」を設け2008年度作品募集を行った結果、29都道府県から計175編のご応募をいただき、応募作品について選考し、入賞作品を決定いたしました。
 そこでこのたび、「阿賀北ロマン賞」創設とまちの駅よろず「新発田学研究センター」開所二周年を記念して、次のとおり 講演会とシンポジウムを開催することになりました。また、講演会とシンポジウムに引き続き、第一回「阿賀北ロマン賞」の各部門の大賞などの受賞者をお招きして、授賞式を開催しますので、奮ってご参加ください。

第一回「阿賀北ロマン賞」授賞式
まちの駅よろず「新発田学研究センター」開所二周年 記念講演会・シンポジウム

総合テーマ「文学を通して地域を考える」

講演会 2009年3月1日(日)午後1時30分~午後2時30分
講師 加藤 宗哉氏(作家・「三田文学」編集長)
演題 「体験することと書くこと ― 遠藤周作にまなんだこと ― 」

シンポジウム 2009年3月1日(日)午後2時45分~午後4時15分
シンポジスト ① 敬和学園大学学長 新井 明
シンポジスト ② 新潟大学名誉教授 加藤 僖一
シンポジスト ③ 敬和学園大学名誉教授 北嶋 藤郷
オブザーバー 加藤 宗哉
テーマ 「越後と文学」

第一回「阿賀北ロマン賞」授賞式
2009年3月1日(日)午後4時20分~午後5時

場 所 新発田市生涯学習センター 講堂 新発田市中央町5-8-47

お申し込み、お問い合せ先: 敬和学園大学 教務係
新潟県新発田市富塚1270 (〒957-8585)
Tel. 0254-26-2514 Fax 0254-26-3646 e-mail: kyomu@keiwa-c.ac.jp







(C)All right reserved アイラブ新発田
Server Rentaled by Ncom