新発田学研究センター

第10回新発田朝市十二斎市、寺町十二斎市茶会を実施しました!

2013/5/30

5月26日(日)に、新発田市寺町地区で第10回新発田朝市十二斎市、及び寺町十二斎市茶会を開催しました。お天気にも恵まれ、25店舗が並び、賑やかな朝市となりました。
お茶の法月さんは卒業生で実行委員だった李坤君の友人で、一緒に静岡から駆けつけてくれました。また新発田商業高校商業部の皆さん、ジャパンサッカーカレッジの方々、新潟リハビリテーション大学の学生さん、もちろんまちカフェリンク、どら焼きまっすの増田誠子さん、いつもとひと味違う伊勢うどんの富川先生など大学の皆さんの活躍もありました。
今年は特別イベントとして花嫁行列を企画しました。花嫁の島津絵美さんは十二斎市を最初に企画実行したメンバーでした。また花婿の島津尚次さんは、絵美さんがゼミで調査をしていた三之町新発田台輪の一員です。そのご縁で今回の花嫁行列に頭取のご協力を得て、親和会の皆様に木遣りを披露して頂きました。
4年生の土田舞歌さんが三味線で長唄の難曲「勧進帳」を弾いたり、ブラスバンド部の皆さんはすてきな曲を演奏してくれました。
一方、第2回目となる寺町十二斎市茶会は、宝光寺様、託明寺様、相円寺様、福勝寺様、三光寺様そして市島酒造様のご協力を得て、6カ所での開催となりました。席主は石州流内田恭子先生、煎茶道鈴木美代子先生、裏千家流渡辺晏子先生、裏千家流相馬宗文先生と敬和学園大学茶道部の皆さん、裏千家流山崎満穗先生、そして表千家流富樫幹子先生でした。寺町を300名もの方々が着物姿で歩いている様子は優雅で華やかなものでした。
皆様のご協力に感謝いたします。


コメント入力欄
お名前
メールアドレス
コメント
送信キー入力
(Spam対策)

削除キー