新発田学研究センター

第9回新発田朝市十二斎市を開催しました。

2012/10/10

 今回の十二斎市は、例年どおり敬和学園大学学生及び教職員を主とする実行委員会により運営されました。当日は、時折秋雨が降る天気となりましたが、清水園でお茶会(市民茶会)の催しもあり、そのお帰りの際に立ち寄られる参加者も多かったように思われます。

 当日の出店数は商工会議所青年部の雑煮店をはじめとして22店、笛・太鼓の演奏も披露され、人力車の運行もされましたが、雨天のため当初予定していたしばたっ子台輪の運行は中止となってしまいました。十二斎市は今回で9回目の開催となりましたが、毎度常連の方に出店いただくと共に、芸術の秋をテーマとして売上金の全てを東日本大震災の被災地に募金する本屋や、秋の味覚を満喫できるご飯屋が出店されました。生憎の天候ではありましたが、かす汁やお雑煮をはじめとする食品のお店は盛況で、来場いただいたお客様と出店者や学生との間で市ならではの様々な交流が見受けられました。

 今後は市民の方や行政との連携をより密にして、十二斎市でしか体験できないことを提供していきたいと考えております。より良い市になるよう事務局一同これからも努力していきますので、次回以降の十二斎市もよろしくお願い致します。ご意見やご不明な点等がございましたら、本学教務係(TEL0254-26-2514、kyomu@keiwa-c.ac.jp)までお願い致します。


コメント入力欄
お名前
メールアドレス
コメント
送信キー入力
(Spam対策)

削除キー