トップページ > 会長あいさつ > 会長あいさつ
会長あいさつ
 クラブ運営方針


新発田ロータリークラブ
会長 清田 雅人

「ロータリー活動を楽しもう」
 1957年の創立以来、脈々と育まれてきた伝統の中でわたしたち新発田ロータリークラブは活動しております。それは規律と伝統を重んじ、互いの意見を尊重し、融和の精神あふれるメンバーによって綴られた歴史であると考えます。時間通りに始まる例会、規律ある服装、争いを好まない穏やかさの全てが、わたしたち新発田ロータリークラブの姿勢です。この新発田ロータリークラブの融和の原点は、委員会活動、例会及び親睦事業によって会員相互の理解が醸成された賜物と思います。
 近年は多くの新入会員を迎え、2560地区においても有数のクラブとなったことは、わたしたち新発田ロータリークラブメンバーの大きな誇りであります。魅力があるクラブだからこそ入会者は集い、その結果、現在では入会10年未満のメンバーが55%を占め、その内の32%は入会5年未満のメンバーとなっております。一般的には人数規模が大きくになるに従い、会員相互の理解が疎遠になる傾向があるようですが、わたしたちは魅力溢れる例会や活動を通じて相互理解を深め力を集結し、新発田ロータリークラブの伝統や精神を益々繁栄させてゆきたいと考えております。
 メンバーの親交を深める最大の好機は、委員会活動や各種親睦事業であり、そこに楽しさを発見することによって、積極的且つ能動的にロータリー活動に参加できるようになると考えます。そしてお互いを尊重し、礼節のある姿が新発田ロータリークラブの規律と伝統に繋がると信じております。

 2018-2019年度は「ロータリー活動を楽しもう」をスローガンに掲げ、邁進したいと思っております。委員長の皆様におかれましては「活発な委員会活動」をお願いいたします。
 末筆ではございますが、ロータリーの奉仕活動や委員会活動を通じてより相互理解を深め、有意義で楽しさを感じられる委員会、ロータリーでありたいと思います。
▲ このページのトップに戻る
2017-2018年度国際ロータリーのテーマ


 国際ロータリー(RI)のテーマとは、RI会長から、毎年発表されるロータリー・メッセージのことです。このテーマは、ロータリー年度を通じて、奉仕の実践に最も重要なものです。
 テーマは、会長の抱負を端的に物語るとともに、そのロータリー年度の進路を示すものでもあります。