トップページ > 会長あいさつ > 会長あいさつ
会長あいさつ
 クラブ運営方針
2017-2018年度新発田ロータリークラブクラブ運営方針
会長 井上英雄
ロータリーの親睦を充実させましょう!

新発田ロータリークラブ
会長 井上 英雄

 昨年度の創立60周年に向けた会員増強の取り組みにより私たちのクラブも約100名の会員を有するまでに成長いたしました。これだけの所帯になりますと新しい会員の顔と名前を覚えるのも大変ですが、会員同士の親睦も容易ではなくなってきたと感じています。

 ロータリーの目的の第1は「知り合いを広めることによって奉仕の機会とする」と規定されていますが、「心の友を得、以って奉仕の理想を実現する契機となすこと」とも解釈できるのではないでしょうか? そしてその目的はクラブの持続性を担保として実現されます。親睦が失われればクラブは崩壊するでしょうし、ロータリー運動の目的である奉仕を実践することもできません。

 「ロータリー精神は親睦と奉仕の調和の中に宿る」
又、「親睦はロータリー運動そのものでなく、ロータリーという植物が、根を張り、成長するためにどうしても必要な、最上の土壌なのである」

という言葉を見つけた時は正に的を射た言葉だと思いました。

 もちろん活動の基本は例会です。それは親睦の場であると同時に例会に出席したメンバーが、お互いに己のいたらざるところを謙虚に学び合う場でもあると思います。たとえ一言も喋らなくても、その一挙手一投足が何か人に教える力を持っているのもロータリアンであると考えるからです。

 今年度は新発田クラブのメンバー同士の親睦を充実させましょう。親睦活動を充実させる事により更に会員同士の理解を深めロータリー運動の目的実現と、次の70周年に向けた基盤を微力ながら築いていきたいと考えています。
▲ このページのトップに戻る
2017-2018年度国際ロータリーのテーマ


 国際ロータリー(RI)のテーマとは、RI会長から、毎年発表されるロータリー・メッセージのことです。このテーマは、ロータリー年度を通じて、奉仕の実践に最も重要なものです。
 テーマは、会長の抱負を端的に物語るとともに、そのロータリー年度の進路を示すものでもあります。