トップページ > 新発田クラブについて > 新発田クラブの歴史/歴代会長及びガバナー
新発田クラブについて
 新発田クラブの歴史
■ 歴代会長及びガバナー
50 - 60 / 60 - 70 / 70 - 80 / 80 - 90 / 90 - 00 /
00 - 10 / 10 - 20
年度 1956-1957
会長 市島 長松 RI会長 Gian Paolo Lang ()
テーマ 「1.ロータリーは簡潔に
 2.ロータリアンはもっとロータリーを
 3.お互いにもっと知り合う 」
ガバナー 地区

年度 1957-1958
会長 近 勇次 RI会長 Charles G.Tennent ()
テーマ 「 動因−拡張−探求−奉仕 」
ガバナー 地区

年度 1958-1959
会長 近 勇次 RI会長 Clifford A.Randall ()
テーマ 「 将来を造る助力をしましょう 」
ガバナー 地区

年度 1959-1960
会長 佐藤 太郎吉 RI会長 Harold T.Thomas ()
テーマ 「 生気を与えよ 身につけよ 友愛の橋をかけよ 」
ガバナー 地区

▲ このページのトップに戻る
2017-2018年度国際ロータリーのテーマ


 国際ロータリー(RI)のテーマとは、RI会長から、毎年発表されるロータリー・メッセージのことです。このテーマは、ロータリー年度を通じて、奉仕の実践に最も重要なものです。
 テーマは、会長の抱負を端的に物語るとともに、そのロータリー年度の進路を示すものでもあります。