まちの駅よろず


まちの駅よろずとは

明るく清潔感がある店内に、整然と並べられた酒瓶に迫力を感じた。入ってすぐの場所に、究極の酒米「越淡麗」で作られた商品が置かれ目を引く。「越淡麗」は大吟醸酒の酒造に最高峰と言われる酒米「山田錦」を母方、新潟県の酒米の主力品種「五百万国」を父方に作られた究極の酒米である。「越淡麗」で作られた商品のカモヤ酒店での入荷は、麒麟山酒造の「kagayaki」「大吟醸辛口」が初めてだそうだ。詳しくはカモヤ酒店が月に一度発行している「カモヤうまいもん通信6月号」で知ることが出来る。

 

昭和6年創業。新発田の歴史と共に歩んできた酒屋。蔵元さんとの関わりを大切にしている。お酒をただ飲むだけでなく、その背景や作成の段階からお客様に知ってもらいたいという考えが強い。同時に、新発田の文化や歴史を世の中に伝えるための活動にも積極的に取り組んでいる。

 

 

 

 

 

 

飲む以外での酒をお客様に知ってもらいたい!
→ カモヤうまいもん通信

 

様々なお酒についての詳しい紹介や、蔵元さんのお話から新発田の歴史まで分かるお得な一枚。月に一回発行、来店された方に無料で配布されている。

HPでの販売よりも、お客様の顔の見える販売をしていきたいと話す店主の笠原さん。お店に足を運んでいただければ、お客様の要望に合ったお酒を一緒に探してくれるとのこと。きき酒師として認定された店主のアドバイスを受けながらの商品選びは、地酒や日本酒に対する新たな魅力の発見にも繋がることだろう。

 

店舗名 カモヤ酒店 電話番号 0254-22-3005
住所 新潟県新発田市大栄町 2-1-3 地図 こちらをクリックしてください。
場所はしたのほうです





(C)All right reserved アイラブ新発田
Server Rentaled by Ncom